デング熱の基本的な対策について

国内で感染者が増えているデング熱。家庭や個人でもできるデング熱対策がきになります。

蚊を媒介して感染するデング熱は、蚊がデングウイルスに感染した人の血を吸い、体内で増殖させた後に別の人間を吸血することで、感染者が増えていくというもの。感染すると発熱や頭痛、筋肉痛、皮膚の発疹などの症状を伴うのだそうです。

今回、東京都・代々木公園ではヒトスジシマカがデングウイルスを保有していたことが確認されているそうです。ヒトスジシマカの成虫は、民家の庭、公園、墓地などに潜み、朝方から夕方まで吸血。活動範囲は50~100mほど。

幼虫は、植木鉢やプランターの水の受け皿、バケツ、古タイヤなど、小さい容器に発生するのだとか。ですから、幼虫発生源をなくすために、住宅周辺に散乱している雨水がたまった容器を逆さにして水を無くすことが大切です。

屋外の植物の茂みは、ヒトスジシマカの成虫の潜伏場所になりやすいため、殺虫剤の散布が有効手段。

ヒトスジシマカの活動期間は5月中旬から10月下旬とされているため、対策を終える時期は「10月下旬頃までがひとつの目安」になるという。

仕事運を上げようとパワーストーンを身につける

金運・仕事運とパワーストーンの関係に興味をもつ人が増えているようです。

確かに、人生で多くの時間を仕事に裂いています。

今の仕事は…
やりがいがあり、私生活も充実している
仕事が楽しくて仕方がない

などと感じている人がいる一方で…
仕事が上手くいかない
仕事が嫌で嫌で仕方がない

と感じている人も多いでしょう。

仕事が上手くいかないと、給料も上がらず、金運もダウンしてしまいそうです。また、精神的に追い詰められて、うつ状態に陥ることも。

仕事は、本来自分の力を発揮し、社会に役立ちつつ、お金を貰い、生活していくためのものです。しかし、仕事運がない人の場合、自分を苦しめる要素の一つになってしまいます。

そんな時にオススメのパワーストーンは、
タイガーアイ
ルチルクォーツ
シトリン
クラック水晶
など。

まだまだ熱中症対策は大切

8月の後半ですが、まだまだ暑いですね。こういった環境できをつけたいのが熱中症対策。

熱中症の発生のピークは7月から8月にかけて。

熱中症というと屋外で起こるイメージが強いですが、実は就寝中などに室内で熱中症を発症するケースも多いのだとか。

室内にいると安心してしまいがちですが、熱中症対策を怠ってはいけません。

熱中症の予防法のひとつとして、「熱中症になりにくい室内環境」が大切です。

そのためのポイントは…
扇風機やエアコンを使った温度調整
室温が上がりにくい環境の確保
こまめな室温確認
など。

屋内で熱中症にかかる人の多くは、過度の節約意識や高齢者の場合は暑さを感じにくくなっていることなどが理由。

ですから、室内の温度調整をしっかり行いつつ、省電力で冷房ができるエアコンを選び節電するといいでしょう。

どうしても、エアコンの風が苦手な場合は、水循環マットがオススメ。これは、マットに通されたチューブに冷たい水が流れ、体を冷やしてくれるというもの。

天然石のアクセサリーは男性向けも人気に

最近は、男性もアクセサリーを身につけることが増えているようです。

以前なら、女性のもの…といった印象のブレスレットも男性向けが増えてきました。

単純にオシャレのためのアイテムはもちろんのこと、天然石(パワーストーン)のアイテムも人気になっているようです。

恋愛、仕事、金運、生活全般、試験など願いに合った石を配置したブレスレットは、アクセサリーとして、また、自分に力を与えてくれるものとして使えるため一石二鳥です。

もちろん、自分で努力することが前提ですが、すこしでも良い方向へ向かいたいと思うことは大切です。

しかし、まだまだ男性向けのブレスレットなどは少ないようです、男性向けを専門に扱っっているショップはあまりないようです。

オンラインショップの場合、力石(ちからいし)というショップが人気になっているようです。

夏にカレーを食べるといい理由!

夏といえば、そうめん、ひやむぎ、そば、冷やし中華など、冷たいものを食べることが多くなります。一方で、夏の定番メニューとしてカレーが挙げられます。

なぜカレーを暑い夏に食べるのか?…
カレーが認められているのには理由があります。カレーに含まれるスパイスには、健胃作用や食欲増進、消化促進の効能があり、夏バテの防止に最適なんだとか。また、定番具材である豚肉には、ビタミンB1がたっぷり含まれています。スパイスの防腐効果も見逃せません。

スパイスが沢山…
カレーには、10種類くらいのスパイスが使われます。シナモンやクミン、カルダモン、コリアンダー、ターメリック、クローブ、ナツメグには身体を温めてくれる効果があり、汗をかきやすくしてくれます。汗をかくと体温がさがります。薬味としてつかわれる、ニンニクやショウガにも注目。ニンニクに含まれている香りの成分(アリシン)には、食欲を増進してくれる働きがあります。アリシンが豚肉のビタミンB1と結合すると、アリチアミンになり、吸収を助けてくれます。

野菜嫌いの人でもカレーに入っている野菜は食べられる…という人がいます。ミニトマトやゴーヤ、キュウリなどの夏野菜を沢山入れたカレーをつくってみてはいかがでしょう。野菜を沢山入れることで、カサ増し効果も期待できますし、野菜の栄養素も取り入れることが出来ます。

暑いの我慢するのは良くない

節電意識が高いのはいいですが、我慢のし過ぎで体調を崩しては意味がありません。

昔は、夏でもエアコン無しで過ごせましたが、今では暑くて夜でもエアコン無しでは厳しい日もあります。ですから、エアコンや扇風機を上手く使って質の良い睡眠をとりたいものです。

しかし、エアコンの風が嫌いな人もいるでしょう。確かに、人工的な風は、自然の風よりも気持ちが悪く感じることもあります。また、朝起きた時に喉がいたくなることも。肌の乾燥も気になります。

そんな時は、水循環マットがオススメです。水循環マットは、マット内に水を循環させて快適な眠りをサポートするグッツです。温度調整が出来るため、自分が眠りやすい温度に設定することが出来ます。

ごぼう茶に期待されること!

ごぼうは、大変身近な根菜ですが、なかなか主役級の存在にはなりません。

しかし、最近ではメディアなどで取り上げられる機会が増えたこともあって、「ごぼう茶」を手に入れる事ができるようになり、主役級の活躍をしています。

有名になったのは、ナグモクリニックの南雲先生のお陰でしょう。先生は、50代後半ながらとても若々しい印象です。近頃は、ひと昔前に比べて、どの世代も若々しい人が多い印象ですが、それにしても若い。それは、ごぼうの力も関係しているそうです。

ゴボウ茶に期待されることは…
皮の部分に「サポニン」が含まれ、サポニンはコレステロールを分解させ、血中のサポニンは血中コレステロールを分解し、悪玉コレステロールの働きを抑制させるのだとか。これが、ゴボウ茶にダイエット効果、高脂血症の予防が期待されている理由なんだそうです。

食物繊維がとても豊富で水溶性食物繊維と不溶性食物繊維ともに多く含まれています。 食物繊維は、腸内環境を正常化させる働きがあり、便秘の改善につながるといわれています。

そのほか、ごぼう茶にはカリウム、リン、アルギニン、アスパラギン酸などの成分が含まれているのだとか。

あじかん 国産焙煎ごぼう茶はこちら

WordPressで「データベース接続確立エラー」と表示されるとき

サイトを維持していると様々なトラブルに見舞われます。

WordPressで「データベース接続確立エラー」と表示される場合…
理由はいくつか考えられるようですが、データベースのパスワードを変更したからかもしれません。

レンタルサーバーでは、データベースに接続するときのパスワードを変更できるメニューがありますが、気軽に変更してはいけないようです。

セキュリティ強化のため、パスワードを変更しようと思うのは悪くないことですが、変更すると、パスワードを使っているすべてのWordPressで「データベース接続確立エラー」と表示されてしまいます。

それは、WordPressの設定ファイル(wp-config.php)に記述されたパスワードと、変更した新たなパスワードが一致しなくなったためです。

問題なく動いていたWordPressも、データベースのパスワードを新たに変更してしまうと、その瞬間に「データベース接続確立エラー」になります。

そうなってしまった場合…
すべてのwp-config.phpのパスワードを新たなパスワードに変更する
パスワードを古いパスワードに戻す

ことが必要になります。

WordPressでデータベース接続確立エラーになるときは、wp-config.phpと、レンタルサーバーのデータベースのパスワード設定を見直してみましょう。

夏バテ克服に緑茶が活躍する!

日本人がよく飲むものといえば、緑茶が挙げられます。

緑茶は、ポリフェノールの一種であるカテキンが含まれているため、抗酸化作用が強いといわれています。ですから、アンチエイジングにも威力を発揮するのだとか。

もちろん、薬ではないため、劇的な変化は望めませんが、積み重ねると大きな違いとなって現れるでしょう。

ところで、毎日暑い日が続きます。こんな暑い日は、ついつい冷たい飲み物をのんでしまいますね。でも、冷たいものばかり飲んでいると、体がだるくなりませんか?

そんなときには、あえて熱い緑茶を飲むのがお勧め。

東洋医学では、食材には五気、五性があるといわれています。つまり食材が持つ「寒、涼、温、熱、平」という性質。たとえば、「寒性」とは、「寒い性質」を持つものを意味します。体が火照ってしまうことや、直ぐに汗をかいてしまう、口の中が乾くなどの症状があると、漢方では「寒性」の食材や薬剤を利用するのです。

緑茶はこの「寒性」を持つ食材なのです。もちろん、暖かくして飲んでも「寒性」を持ちます。むしろ、熱いと暖かい緑茶が発汗とともに体の中から熱を取り去ってくれるのです。

カテキンには、血中コレステロールを下げ、抗菌作用もありますし、利尿作用を促進し解毒する優れた作用があると言われています。

白井田七。茶の口コミによる評判とは!

夏の食べ物ランキングの食べ物と食べたほうが食べ物

ジリジリとした太陽の光が体力を奪う夏。

夏は、体力を奪われる季節ですが、食事の楽しみがあります。

夏なれでは、食べ物は食欲を増進し、一日の疲れを癒やす大切なものでもあります。

夏に食べたものを調べたランキングを見ると…

冷やし中華
かき氷
スイカ
そうめん
アイス
ざるそば
ところてん
ざるうどん

などが入っていました。

どれも冷たくて夏にピッタリの食べ物です。暑い日に食べると幸せな気分になります。しかし、冷たいものばかり食べていては夏バテの原因となります。

また、大気汚染や紫外線など、細胞を傷つけ、老化を促進する要素がたくさんです! 

ですから、ランキングに入っているような食べ物ばかりではなく、体にいいものも食べましょう。

例えば…

ビタミンA”や“リコピン”が含まれているトマト。紫外線の強い夏は、たくさん食べて肌の老化を防ぎたいものです。

とうもろこしは、ビタミンC、ルテイン、ゼアキサンチンなどのアンチオキシダントを含有する私たちの味方。

発酵食品は、発酵の過程でビタミンB類や乳酸菌も作られるので腸内環境を健全に保つのに役立ちます。納豆は良質なタンパク質の他、カルシウムが身体に吸収されやすい形で含まれています。

アイスなど甘いモノを食べ勝ちになりますが、フルーツの中には抗酸化力が高いものが多いので、デザートにフルーツを積極的に取り入れたいものです。